自信持って指導できる教員4割以下 ネット教育で調査

㈱日本レジストリサービスは、中学・高校生400人と教員400人を対象に実施したネットアンケート「インターネット教育に関する実態調査」の結果を、このほど公表した。調査は5月20日から22日まで行われた。それによれば、指導内容に自信を持つ教員は4割以下で、情報教育に不安を抱える担当教員が一定数存在する実態が明らかになった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。