咀嚼が記憶・学習に重要 マウスモデルで示唆

東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科分子情報伝達分野の中島友紀教授らと同大学院咬合機能矯正学分野の小野卓史教授、福島由香乃研究員らの研究グループが、成長期の咀嚼刺激の低下が、記憶を司る海馬の神経細胞に変化をもたらし、記憶・学習機能障害を引き起こし、高次脳機能の発達にとってマイナスに働くとの研究結果を発表した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。