東京都教委 平成31年度教員採用の改善策を示す

東京都教委は6月22日、平成31年度東京都公立学校教員採用候補者選考(30年度実施)の改善策を示した。教職経験者等の一部の選考区分で免除していた、教職教養などの筆記試験や集団面接を、一部の例外を除き、全ての選考区分で課す。専門教養の試験では、新たに分野(教科等)別に最低基準点を設ける。同教委は、来年2月公表予定の31年度採用選考の実施要綱に反映させる方針。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。