服から世界見つめる学習活動 山口県とユニクロが協働

山口県教委は、㈱ファーストリテイリング(ユニクロ)と協働して、学習活動プロジェクト「届けよう、服のチカラ」を県内の学校で実施する。ユニクロ社員が学校に出向き、子供たちの生活に身近な「服」をテーマとして、難民問題や環境問題などについて授業を行う。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。