「日本の研究授業を見たかった」 英米の教員らが視察

東京学芸大学の「国際算数数学授業研究プロジェクト」(代表・藤井斉亮同学名誉教授)が主催する「算数数学授業研究イマジネーションプログラム」の一環で来日した海外の教員や研究者が、6月27日、東京都渋谷区立猿楽小学校(盛永裕一校長、児童246人)を訪問。算数の研究授業と研究協議会を見学した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。