小学生のタッチラグビーで スポーツデータ分析へ

横浜市立日吉台小学校の児童がタッチラグビーを行い、その動きを分析する取り組みが、このほど行われた。これは、同市港北区と慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント(SDM)研究科の協定に基づくデータサイエンス教室連携事業。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。