自分は創造的ではない 日本の「Z世代」の意識を調査

アドビシステムズ㈱は6月29日、学校経営者と教職員向けに開催している教育フォーラムで、生徒に関するインターネット意識調査結果「教室でのZ世代:未来をつくる」を発表した。対象国は日本のほかアメリカ、イギリス、オーストラリア、ドイツの5カ国。各国の11歳から17歳まで(日本だけは12歳から18歳まで)を「Z世代(ジェネレーションZ)」と定義し、彼らと教師らを対象に学習や創造性、将来の仕事についての認識を尋ねた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。