脳内セロトニンの回復で自閉症状改善の可能性 理研

理研脳科学総合研究センターの内匠透シニアチームリーダー、日本医科大学大学院医学研究科の鈴木秀典教授らの共同研究グループが、発達期のセロトニンが自閉症発症メカニズムに関与する可能性を明らかにした。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。