特支校講師の自殺受け 岐阜県教委が働き方改革

岐阜県教委は6月27日、「教職員の働き方改革プラン2017」を発表した。時間外勤務の上限を年720時間、月80時間と定めたほか、ノー残業デーなどの施策を実施するとした。またハラスメントとメンタル不調の速やかな察知と解決を重点項目に掲げた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。