今後の文科省の在り方タスクフォース 第3回会合開く

文科省は、「今後の文部科学省の在り方を考えるタスクフォース」(特別検討チーム)の第3回会合をこのほど開いた。非公開の会合後、義家弘介副大臣が記者会見に応じた。協議に際しては、同省内の若手職員からも組織的な再就職斡旋や加計学園の認可を巡る文書の問題について多様な意見が寄せられたとし、改善への具体的な意見集約と一致点の整理などを進めたと報告した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。