世界最高水準の研究を 東北、東京、京都大を指定

文科省は、昨年11月30日から今年3月31日までの第3期中期目標期間における指定国立大学法人の指定を、6月30日に決定した。選ばれたのは国立大学法人の東北、東京、京都の3大学。東北大学の指定理由では「教育研究の卓越性や強みと弱みの的確な分析に基づく材料分野、スピントロニクス、災害科学などの強みの分野の伸長、段階的な新分野の育成戦略の明確化」を挙げている。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。