理科×プログラミング 「脈拍100以上で反応を工夫」

プログラミングについて説明する松田校長
プログラミングについて説明する松田校長

東京都小金井市立前原小学校(松田孝校長、児童512人)で6月30日、「理科×プログラミング」の公開研究授業が行われた。

同校は、東京学芸大学の加藤直樹准教授、㈱CA Tech Kids、㈱アーテックと、「小学校の理科の授業でのプログラミングの効果的な活用・学習についての共同研究」を、このたびスタート。同授業は、その一環として実施した。

単元は6年生理科の「人の体のつくりとはたらき」。心拍センサーとプログラミングを活用して、「血液の循環」などを学ぶ内容。

同校長自らが授業者となり、児童に血液の役割や、脈拍測定で何が分かるかを説明。その後、約20分間で、脈拍数が100を超えたら反応するプログラムを作成するよう指示した。

その際、自分一人でプログラミングするか、仲間と一緒に行うか、教員に教わりながら行うかは、児童各自の判断に委ねた。

またどのような反応を示すプログラムにするかも、自分のアイデアで好きに作るよう児童に伝えた。

児童らは、ビジュアルプログラミング言語「Scratch(スクラッチ)」を使い、自分のレベルに合った方法でプログラミングに挑戦。

脈拍数が100を超えたら画面の中のネコが鳴くなど、それぞれに工夫していた。

授業の終盤には、教員らが脈拍計測を応用してプログラムした「ウソ発見器」の実演を披露し、児童の関心を高めた。

授業後に開かれた協議会で同校長は、プログラミングの実践時に、「自分で主体的に行うか」「仲間と話し合いながら行うか」「教えてもらいながら行うか」を児童に選ばせた理由について「昭和時代の一斉授業では駄目。子供たちの認知特性に合わせるのが重要」と説明。

またプログラミング学習では、周到な事前準備や児童を楽しませるのが必要だとも強調した。