居住実態が把握できない児童 全国で28人

厚労省は6月29日、平成28年度の「居住実態が把握できない児童」に関する調査結果を発表した。今年6月1日時点で、居住実態が把握できていない児童は、全国に28人いた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。