プログラミング教育案 障害のある児童向けに公募

総務省は7月3日、障害のある児童生徒向けのプログラミング教育実施モデルの提案公募を始めた。同省が平成28年度から取り組んでいる「若年層に対するプログラミング教育の普及促進」事業の一環。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。