教員免許失効3年気付かず 長野県の特支校教員失職

長野県教委は6月30日、県立特別支援学校の教員1人が、教員免許状の失効に気が付かないまま勤務していた実態が判明。失効日にさかのぼって失職となったと発表した。更新期限は平成26年3月末だった。今年6月、勤務先の校長が各種証明書の原本確認を行った際に判明した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。