アバター通学など工夫 広域通信制高校で協力者会議

文科省の広域通信制高等学校の質の確保・向上に関する調査研究協力者会議は、第7回の会合を7月5日、東京都港区の虎ノ門SQUAREで開いた。インターネットを活用した独自の学習環境を設けている明聖高校のWEBコースの実践報告や、同省の高校通信教育に関する調査結果などから、今後の高校通信教育の質確保や向上が論点となった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。