高2が中1にSNS教える 生徒双方に深い学び

神奈川県鎌倉市の鎌倉女学院中学校・高校(錦昭江校長、生徒数982人)で7月6日、情報モラルをテーマにした中高合同の公開授業が行われた。高校2年生が中学校1年生にスマートフォンやSNSの注意点を教えた。実物のスマホを使った疑似体験や身近な事例を用いた劇などを織り交ぜ、中高生双方に深い学びが展開された。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。