レバノン教育関係者が日本の学校視察 JICAが招く

(独法)国際協力機構(JICA)は、レバノンの教育関係者を日本に招き、7月1から9日まで、教育機関や学校を視察。レバノンは、公立学校にシリア難民の児童生徒を受け入れて就学機会を提供しているが、学校運営上で多様な課題に直面している。その解決の糸口として視察団は、日本の教育システムや多文化共生教育、特別活動の現場にふれた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。