新要領移行措置案パブコメを集約 時数と外国語に集中

文科省は7月7日、小・中学校の次期学習指導要領に伴う移行措置案に対するパブリックコメントの結果を発表した。寄せられた意見は計1246件。同省が類似の内容を集約してホームページに掲載した12件のうち、半分の6件は授業時数の特例、残り5件は外国語について。社会科に関しても1件あったが、内容は文言の修正で、実質的に意見は外国語関連に集中した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。