教職課程コアカリに賛否 教員養成関係者らがシンポ

文科省から出された「教職課程コアカリキュラム案」を巡り、日本教師教育学会と早稲田大学教育・総合科学学術員・教職支援センターの共催による公開シンポジウムが7月9日、東京都新宿区の同学小野記念講堂で開催された。登壇者の間で、同案は教職課程における教育水準の「前進」か「後退」かで意見が分かれた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。