少年犯罪・被害とも減少 警察庁が昨年の状況まとめる

警察庁はこのほど、「平成28年の犯罪情勢」を公表した。少年の検挙人員が減少したほか、少年を被害者とする犯罪件数も減少したことが分かった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。