中教審働き方改革特別部会が初会合 委員が論点示す

中教審の初等中等教育分科会の学校における働き方改革特別部会は、第1回の会合を7月11日、東京都千代田区の一橋大学一橋講堂で開いた。平成28年度の教員勤務実態調査の追加結果を公表しながら、全委員が今後議論するべき論点などを表明した。「教員と事務職員の連携」「現場教員の声に基づく取り組み」「本気の働き方改革」などが指摘された。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。