ベランダからの子供の墜落 東京消防庁が注意喚起

住宅の窓やベランダから子供が墜落する危険性と事故の防止を、東京消防庁が同庁サイト上で呼びかけている。同庁管内では平成24年から平成28年までの5年間、5歳以下の子供108人が高所からの転落で医療機関に救急搬送されている。窓を開けたり、開け放ったりする機会の多い夏から秋にかけては、一層の注意が必要だ。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。