熊本地震で要カウンセリングの児童生徒 新たに500人超

熊本市教委が、昨年の熊本地震に伴うカウンセリングが必要な児童生徒について、最新となる今年度第1回(通算7回目)調査の結果をこのほど公表した。カウンセリングが必要と思われる児童数は800人を超え、そのうち500人以上がこの最新調査で判明した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。