国立教員養成大有識者会議 まとめ案の追加点を確認

国立教員養成大学・学部、大学院、附属学校の改革に関する有識者会議は、第9回会合を7月12日に文科省で開いた。委員は、国立教員養成大学を巡る課題などに関する議論を振り返り、まとめ案を確認した。同案では、各大学の教育理念に沿った入学者の受け入れや体系的で組織的な教育活動に不備があると指摘。対応策では、アドミッション・ポリシーの明確化などを通じて、教職への高い熱意や適性を持った学生の受け入れ体制などを示している。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。