SNSを生かしたいじめの相談体制探る WGが初会合

文科省は、SNSを活用したいじめなどの相談体制を検討しようと7月13日、同体制の構築に向けたワーキンググループ(WG)の初会合を同省で開いた。自治体やICT企業の取り組み事例が報告され、その後、「現在の子供たちの情報端末によるコミュニケーションの理解とそれに応じた体制」「相談を受け止める時間帯」などの意見を出した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。