教育振興基本計画の内容検討 生涯学習の方向性を審議

文科省の中教審生涯学習分科会(分科会長・明石要一千葉大学名誉教授)は7月14日、第86回会合を省内で開き、「第3期教育振興基本計画」に盛り込むべき事項について審議した。同基本計画の方針である「生涯学び、活躍できる環境の整備」に向けて、今後5年間の生涯学習政策の方向性として欠けている要素などがないか、検討した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。