もっと生徒の声を聞くべき 宮崎県いじめ防止パブコメ

宮崎県は7月18日、「宮崎県いじめ防止基本方針」の改定素案に対するパブリック・コメントの結果を発表した。6月1日から30日までの間に、同県ホームページ上で募集した結果、7人から16件のコメントが寄せられた。「情報公開がなされていない」「生徒の生の声を聞くべき」など、県民からの率直な意見が並んだ。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。