青少年のネットトラブルは中1が最多 架空請求などで

(一財)インターネット協会が東京都からの受託で開設している相談窓口「東京こどもネット・ケータイヘルプデスク(こたエール)」の昨年度相談実績が、このほどまとめられた。青少年を当事者とするトラブルの相談件数は1100件を超え、そのうち最も多いのは中学生からの相談だった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。