グローバル人材育成で評価 総務省が文科省に改善勧告

総務省は、グローバル人材育成に向けた政策効果の総合的評価をこのほど公表した。第2期教育振興基本計画で目標に掲げた外国語教育の強化や、双方向の留学生交流などの達成状況を検証。政策全体の達成状況は進展しているが、中学校卒業時に英検3級程度以上の英語力を持った生徒を50%にするなど、中学・高校生と英語教員の英語力向上は目標に達しなかった。文科省には有効な対策が必要と勧告した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。