小児に手足口病が流行 基準超えで都が警報

小児を中心に手足口病が流行している。東京都福祉保健局によると、7月10日から16日にかけて(第28週)、都内264カ所の小児科定点医療機関から報告された定点当たりの患者報告数は6.91人/週。第25週が1.72人、第26週が2.37人、第27週が4.18人で、第28週で急増した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。