希望世帯に「こども宅食」 官民協働で貧困対策

子供の貧困対策に取り組むNPO法人キッズドアなどの団体や企業と東京都文京区は、コンソーシアムを構築し、同区内で経済的に困窮している子育て世帯への食品提供やソーシャルワークを行う「こども宅食」事業を、7月20日からスタートした。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。