進路選択の一助に 岐阜県で施設入所児童が職場体験

岐阜県は、県内の児童養護施設などに入所している児童を中心に、企業でのインターンシップ(職場体験)を実施する。7月26日から8月25日にかけて、児童養護施設9施設から中学生17人、高校生27人、特別支援学校高等部5人、その他1人の計50人と、ファミリーホーム(小規模住居型児童養育事業所)への委託児童から高校生2人が参加。県の児童養護施設等サポーター企業など13の企業・法人が受け入れる。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。