元私学教員らがNPO法人 発達特性に悩む子を支援

神奈川県内の私立高校の元教員3人が、NPO法人不登校・発達支援ネットワークSeedsAPP(城田輝三代表)を、さきごろ設立した。同法人は、不登校や発達特性(いわゆる発達障害)について理解が十分ではない現状を受けて、「授業に付いていけない」「学校に通えない」と悩む子供たちに適切な支援ができればと、横浜市の地球市民かながわプラザ・あーずぷらざ事務所内に拠点を置いて活動を始めた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。