災害被害を最小限に 減災教育プログラム助成22校決定

(公社)日本ユネスコ協会連盟は7月24日、アクサ生命保険㈱とともに支援を行っている「アクサユネスコ協会減災教育プログラム」の今年度助成校を発表した。4月からの全国公募を経て、選考の結果、1道1都1府15県の22小・中・高校が決定。助成校へは、学校の「防災・減災教育」の授業実践に必要なものなどに活用できる助成金10万円が贈られる。加えて、助成校の教員を被災地に派遣して実施する「教員研修会」および、「活動報告会」を開催する。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。