暑い日本の夏 訪日外国人の熱中症リスク試算に成功

名古屋工業大学、北見工業大学、東北大学サイバーサイエンスセンター、(一財)日本気象協会のグループが、日本の夏の環境における訪日外国人の熱中症リスクの試算に成功した。外国人の出身地域を冷帯・温帯・熱帯の3区分とし、日本の夏の環境を模した状況下でのリスクを試算。その結果、熱帯と温帯出身者では、体温の上昇や発汗量に大きな違いがみられなかった。一方、冷帯出身者は体温上昇傾向が大きく、リスクも高かった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。