すべての人の性を尊重 阪大が多様性で基本方針策定

大阪大学は7月24日、学生・教職員などの全構成員を対象とした「性的指向(Sexual Orientation)」と「性自認(Genfer Identity)」(合わせて「SOGI」)の多様性に関する基本方針を策定した。より豊かなダイバーシティ環境の実現を目指して、SOGIの多様性と権利を認識し、偏見と差別をなくすよう、構成員への啓発活動を行う。SOGIに関する全構成員を対象とした方針策定は、国立大学では、これが「先駆け」となる。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。