東京都豊島区と立教大が協定 オリパラ事業で

東京都豊島区と立教大学が、7月26日に協定を結んだ。2020年の東京オリンピック・パラリンピックとその後を見据えた教育や取り組みを、連携して進める。同区と同学の資源を活用し、区内の障害者スポーツの推進やオリパラボランティア育成などを目指す。併せて同区は、区立小・中学校で独自のパラリンピック教育を検討する。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。