青少年のネット利用環境整備 SNS運営会社などで協議会

警察庁とSNS運営会社は、「青少年ネット利用環境整備協議会」(代表:宍戸常寿東京大学大学院法学政治学研究科教授)を、このほど発足した。昨年、LINEやTwitterなどのSNSに起因する犯罪の被害児童数が過去最多となったのを受け、SNSでの児童被害防止や、児童が安心・安全に利用できるインターネット環境の向上を目指す。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。