児童養護施設の生徒が子供貧困で提言 多様な連携願う

(一財)教育支援グローバル基金は、児童養護施設で暮らしている高校生たちによる「子供の貧困」解決に向けた提言発表会を、7月28日、内閣府で開いた。生徒は、現状の施設生活では得にくい進学や多様な職業選択への夢を描けるように、「つながりコミュニティproject」の実現と協力を訴えた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。