子供の貧困率9.0% 習熟度や進学に影響

愛知県は7月31日、「愛知子ども調査」の概要を発表した。子供の貧困対策を検討するため、県内の家庭の生活実態や経済状況などを調査した。子供の貧困率は県全体で9.0%で、保護者の所得が低いほど学習の習熟度や進学希望などが低い実態が浮き彫りとなった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。