時間帯や服装に傾向 4~6月の不審者統計まとまる

㈱ガッコムは、同社が運用する治安情報サイト「ガッコム安全ナビ」の掲載情報を基に、今年度第1四半期(4~6月)に発生した不審者・動物出没・傷害などの事件に関する統計情報をまとめ、このほど公表した。それによれば、▽子供が被害を受けた事件の発生は登下校の時間帯に集中▽凶悪犯罪事件を起こす者は目立つ色、不審者や痴漢は目立たない服が比較的多く認知されている――などが明らかになった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。