多言語対応算数動画を公開 外国人児童向けに開発

京都教育大学「外国人の子どもの教育を考える会」では、日本語を母語としない子供を主な対象とした「算数多言語翻訳コンテンツ」をこのほど公開した。国内に約3万4千人いるとされる日本語指導の必要な子供たちへの教材として活用が期待される。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。