全国公立学校教頭会が大会 社会に開かれた教育目指す

全国公立学校教頭会(会長・今井功千葉市立花園中学校教頭)の今年度第59回研究大会が8月2日、さいたま市内で開会された。大会主題は「豊かな人間性と創造性を育み未来を拓く学校教育」。全国から教頭・副校長約3200人が出席した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。