困窮層の15%超が「孤独」 東京都子供生活実態調査

東京都は、首都大学東京と連携して実施した「子供の生活実態調査」の結果を、このほど報告書にまとめた。調査期間は昨年8月5日から9月7日まで。墨田区、豊島区、調布市、日野市に在住の小学校5年生、中学校2年生、16~17歳の子供と保護者1万9929世帯を対象に、生活困窮の状況や子供の学び・健康状態などを調査した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。