成人年齢を18歳に 改正案提出を秋の臨時国会視野に

第3次安倍第3次改造内閣の上川陽子法務大臣は8月4日、民法の成人年齢を18歳に引き下げる改正案について、秋の臨時国会提出を視野に準備を進める方針を明らかにした。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。