林文科相が就任会見 丁寧な話し合いで信頼回復目指す

第3次安倍第3次改造内閣の林芳正文科相は8月3日、文科省で大臣就任の会見を開いた。同省での再就職規制違反や特区の獣医学部新設に係る文書調査などで、文科行政への国民の信頼が損なわれているとして「信頼回復に向けた取り組みを、省内の職員とじっくり話しながら進めていく」と強調した。好きな言葉は「背中の教育」だと話し、学び合いを通じて個々の願いややる気を引き出す在り方を理想に掲げた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。