大津市とLINEが協定 市立中でSNSのいじめ相談

滋賀県大津市とLINE㈱は8月7日、LINEを利用した子供のいじめ防止対策に関する連携協定を結んだ。多くの子供たちがSNSでコミュニケーションしている現状を踏まえ、同市立中学校のモデル校で、LINEを活用した生徒のいじめ相談の受け付けを11月から試験運用する。運用結果の分析と検証、いじめの広報啓発なども進めていく。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。