分身ロボットで授業に参加 自宅・病院と学校をつなぐ

鳥取県教委は、障害や病気などで学校に通えない子供を対象に、家庭や病院と学校の授業を分身ロボットでつなぎ、学習を支援する取り組みを始める。8月17日には、同県立皆生養護学校で導入に向けたデモンストレーションが行われた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。