社会的課題の対応に給食を活用 地産地消などを促進

文科省は8月16日、社会的課題に対応するための学校給食の活用事業結果報告書を公表した。食品ロスの削減、地産地消の推進、伝統的な食文化の継承などを目的に、食品調達方法や調理などの学校給食の仕組みを活用・改善した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。